スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィールドテスト

この土日は拘りのタックルをフィールドしに出撃した。

お供は友人から借りているロッド Ripple Fisher 762S に愛用のリール Shimano Culccata Conqest 200。
そしてルアーは平均14cmのハンドメイドルアー群。
その中でもMAPS! M2 14cm 鴨川モンスターゴールドボラ/ME はマニアックなルアー。

20051108000607.jpg


色は私がデザインしたゴールドベースの色ですが、もっともマニアックなのは重りの代りに磁石を利用している事だ。
磁石に魚が寄る修正があるのを利用したとの事だが、私にはフロントフックがボディーにくっつき無音となる方が大きい。ちなみに磁力は車や自販機に着く程強い(^_^;)
泳ぎはM2特有の大きなウオブリング。引き波をまとった大スキな泳ぎ。

200511080006072.jpg



Ripple Fisher 762Sの感触だが今回はベイトモデル。スピニングとベイトは同じブランクでもガイドによって全く別物となる。
持った感触は比較的軽い。バランスが良いと言った方が良いかもしれない。最近は各メーカーからかなり軽いロッドが販売されているので際立ててというわけではないが。

キャストした感じはスローであり全体にパワーがある。表示はルアーMAX 24gであるが30g前後がストレス良く投げられ一番飛距離が出た。M2 14cmでテストが行われたと聞いているので当然かもしれない。

ガイド径が大きいのでノットによる擦れもストレス無し。

30g前後とシーバスロッドとしてはかなり特殊な味付けだがバランスの良いロッドだと思う。
正直1本欲しくなった。

実際に魚が釣れればその方が良いのだが、釣れなくとも自分がその日拘ったタックルであれば納得がいく釣りができるものだと思う。
次回は釣れ味を報告したい。 f^_^;
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Hahaha!shigeさんアメリカンジョーク上手ね!
でも、いいっすよ。ザウルス Uイフィクツもベイト仕様だし。
ベイト大好き。開高大兄とおんなじだぁ~。

そんじゃ、縛りますか。KTさんもYダスさんもご一緒に!

年末までベイト縛りってのはど~よ。

確かに面白い!

竿の堅さを全体で曲がるテーパーで逃がしているのではと思います。ですから投げる時は曲がり難く、掛ると負荷に合せて段々と入ります。確かにこのスローテーパーはジャークしやすいです。
スピニングだとキャストは弾けた弾道で飛ぶんでしょうねー。ベイトでは修行が必要です(汗)

762Sって不思議ですよね。
ジャークがやりやすい硬さで、キャストは30g近くないと曲がっているかも分からない妙な感覚。
そのくせ魚がかかると、結構曲がります。
存分に味わってくださいませ。
プロフィール

shige

Author:shige
プロフはこちら

  • 釣船 鈴 丸

  • 管理者ページ


  • リアルタイム風

  • 天気

  • 江戸川河川事務所

  • 潮時




  • 最近のコメント
    カテゴリー
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ■ ブログ名:Rubi-na Blog
    リンク
    RSSフィード
    FC2カウンター
    ブログ検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。